FMK編む編むの日々//ハンドニットを中心に手づくりをしているFMK~Factory-mamakaeru~のぐだぐだな日々を綴ります
BINGO備後ツアー

に出かけました。

第一の目的は
ふくやま美術館の
「ウルトラマン創世記展」。

「ウルトラQ」が放映された1966年当時
幼児だったワタシ。
ウルトラ第1世代です。

が、当時見ていたかどうかは定かでない。
ていうか、そのときウチに
テレビがあったかどうかも…?

その後ウルトラマン、ウルトラセブン、帰ってきたウルトラマン…
と続くわけだけど、
とくに大好きだったとかでもなく。

なのに、なんかこの展覧会、すごく気になってて。
uriちゃんから提案があったので
飛びつきました。

当時の特撮はモチロンかなりのアナログ。
その苦労の一端を
撮影に使われたさまざまな資料から
感じることができます。

そこには創意工夫と熱意(もしくは愛?)
が渦巻いていて。

怪獣たちのデザイン画は
なんかすごく欲しくなってしまった。

uriちゃんとワタシが一番ハマったのが
脚本(の表紙)。
タイトルやサブタイトルがオモシロすぎて
「なんじゃそりゃ」
「ダジャレかよ」
「民話シリーズ!?」
と突っ込みどころ満載なのでした。

会場内は当然、撮影禁止、ですので、
入口と出口のとこだけ撮ってきた。


歴代のウルトラマンがお出迎え。

ウルトラマンたち+1

でもなぜかカネゴンが入口に一番近いところに…
なぜカネゴン押し?


怪獣が大集結している壮大な絵(布にプリント)が
お見送り。

怪獣集まりすぎ

この騒ぎに乗じて
カネゴンが何かを盗んだもよう。

騒乱に乗じるカネゴン


実はカネゴン、
ワタシがいちばん好きなウルトラ怪獣です。
シンプルな造形がたまらなく、良い。

口にチャックが付いている。
つまり財布。

幼稚園なんかで
どもたちがいつまでもおしゃべりしていると、
先生が「おくちチャック」と注意したりします。
ジェスチャー付きで。

それを聞くたびに、ワタシの頭の中には
カネゴンが現れるんだなぁ…


さて、福山のあと尾道、向島と
ツアーは続いたんですが。

それはまた次回。

え?連載?
まじ?







スポンサーサイト

美術的なもろもろ | comment(0) |


<<BINGO備後ツアー報告 | TOP | やぁ~っと>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

*FMK*

Author:*FMK*
広島県東広島市在住。
ハンドニットのウェアや小物などを製作しています。
時折イベントなどで販売。
注文制作も。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

広島ブログ

クリックをお願いします↓

広島ブログ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR